お問い合わせ
移住者メッセージ

[vol.1]秋山良さん

湘南で生まれ育った自分がいすみで多拠点居住する理由

昨年から、都内企業に勤める方々のテレワーク・地方移住が盛んとなってくる中で、湘南や軽井沢などに人気が集中していると聞きます。
私は都内IT企業に勤めていますが、生まれは湘南の鵠沼で家庭を持ってからもしばらくは住んでいましたが、現在は千葉市内の自宅に加えていすみをテレワーク・多拠点居住の場所として選びました。
有名地ともなってしまうと人が集まり過ぎる傾向があり、密を避けられないと思います。例えば、土日の朝はスーパーに行くだけで大渋滞したり、ちょっと気分転換で海に行くにも混雑で身動きが取れず、テレワークするのに必ずしも適した環境ではない可能性があります。
そんな中でも、里山・里海に恵まれ、有名観光地でもないため混雑せず、東京にも程近いいすみ市は、自分にとって魅力的な場所でした。

いすみで、「21世紀の隠れ里」を実現したい

かつて事業立ち上げでインドでも働いたことがあり、仏教の遺跡を訪ねたことで仏陀の教えに興味を持ち執着を捨てる生き方を学びました。
京に都があった時代、かつての皇族や貴族たちは出家すると洛中から少し離れた嵯峨や大原の「隠れ里」で閑かに暮らしました。
現代のコロナ禍での日本は、人々が集中しすぎた東京の喧騒から少し離れ、自然と共生しながら、仕事も同時にしていくことができるような場所が見出されていき、いすみはそのような魅力的な「21世紀の隠れ里」となっていくことができる場所だと思います。

いすみはITでどこでも働ける人たちにとって魅力的な環境

いすみは、都会から近いにも関わらず自然がとても豊かで、ストレスを忘れてメリハリある仕事ができる場所だと思います。
お仕事を一緒にさせていただいたこともあるヤフーのチーフストラテジーオフィサーの安宅和人さんがおっしゃる「開疎」的生き方にはぴったりの場所です。
仕事と仕事の合間には、少し運転すればエメラルドグリーンの海の大きな波でサーフィンもでき、また森に囲まれて牛がのんびり草を食む牧場もあるなど完全にストレスフリーになることができます。
必要であれば東京にも特急で1時間ほどで行けるため、仕事と生活バランスがよい生き方が実践できると思います。
地元の方々も私のような移住者をとても暖かく受け入れて頂いて大変ありがたいです。

いすみ市の体験・農泊に関するご質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
PAGE TOP
MENU